未分類

民間の教育ローン

民間の教育ローンは、銀行、信用金庫、信託銀行などの金融機関から融資を受けられるものです。どの金融機関の教育ローンを利用するかによって、融資額や金利など細かい条件が変わってきますので、ご家庭に合った金融機関を選ぶことが大切です。ここでは、金融機関のなかでも最も多い銀行を例に挙げてご説明させていただきます。

教育ローン銀行の教育ローンと国の教育ローン、一体何が違うのでしょうか?その1番の違いと言えるのが、「金利」です。銀行の教育ローンは国の教育ローンよりも高くなり、銀行によって異なりますが年3.0%が相場となっています。また、国の教育ローンは固定金利でしたが、銀行の教育ローンでは固定金利と変動金利どちらかを選べるところ、または変動金利のみのところがあります。変動金利とは、毎年、または年に2回金利の見直しがあり、金融情勢の影響などで金利が下がったり上がったりします。また、無担保か有担保かによって金利が変わる銀行もあります。

次に、融資の限度額です。国の教育ローンは350万円まででしたが、銀行によってはもっと多くの額を借りることができます。大体の相場は、300万円~500万円となっています。

次の大きな特徴として、「カードローン型」の教育ローンを取り扱っている銀行があります。通常のカードローンと同じように、限度額以内であれば追加で融資を受けることができるものです。そのため、思いがけない学費の出費などに備えることができます。しかし、追加で借りるということはもちろん返済額も増えますので、計画的に利用しましょう。

そして、国の教育ローンを利用できなかったけど銀行の教育ローンを利用したという方に最も多いのが、「審査」に通ったか通らなかったかです。国でも銀行でも、大きな額のお金を融資するのでもちろん厳しい審査がありますが、国の教育ローンよりは銀行の教育ローンの方が審査に通りやすい傾向にあります。

銀行の教育ローンは、申し込みをしてから融資を受けられるまでのスピードも国の教育ローンよりも速いです。そのため、すぐにお金が必要で融資を受けたい方は銀行の教育ローンがおすすめです。

国の教育ローンと銀行の教育ローンの違いをお話しましたが、どちらも多額の借金を背負うことは変わりないこと。返済までのお金のやりくりや生活など、しっかりと計画を立てて、無理なく利用しましょう。