未分類

学費を賄う学生ローン

子どもが成長するにつれてかかってくるのが、学費。幼稚園から小学校、中学校、高校までの学費は、1000万~2000万とも言われています。この数字は、高校~大学まで、あるいは大学だけ私立に進学し、小学校や中学校は公立の学校に通ったときの数字です。つまり、小学校や中学校も私立に通わせると、2000万~2500万円もかかる場合があるのです。

学生ローンそんな学費の工面は、大変ですよね。子どもが小さい頃から教育費を貯金している方、学資保険に加入している方も多いでしょう。学資保険は、毎月保険料を支払うことによって、高校や大学の進学時にまとまったお金が受け取れるというものです。銀行の預金と違って自由に引き出すことができないことや、途中で解約してしまうと損をしてしまうというデメリットはありますが、教育費を死守するためにはおすすめの工面方法です。

しかし、子どもが急遽私立に行くことになったり、大学は文系ではなく理系に進学したりと、予想以上に学費がかかることもあります。また、さまざまな理由で教育費の貯金にまで回せないご家庭もありますよね。現在は、学生ローンというものがあり、教育費がなくても国や金融機関からお金を借りて進学することができる時代です。しかし、「学生ローン」と言うと聞こえがいいですが、お金を借りるので「借金」です。そのため、気軽に利用できるというものではなく、十分な理解と計画性が必要になります。

今回は、そんな学生ローンの特徴と、気をつけることをご紹介します。