未分類

国の教育ローン

教育ローンとは、借りるお金の目的が「学費」に限定されたローンです。よく、奨学金と間違えられますが、奨学金は学生が借りて学生が返済していくもの。教育ローンは、学生の保護者が借り、保護者が返済をしていくものです。間違えやすいので注意しましょう。

教育ローンには大きく分けて2つの種類があります。1つめは国の機関から借りるもの、そしてもう1つは銀行や信用金庫、信販会社やノンバンクなど、民間の金融機関から借りるものです。まずは、国の機関から借りる教育ローンについて説明させていただきます。

国の機関から借りる教育ローンは、子ども一人につき350万円まで融資が受けられます。義務教育期間中の教育費は対象とはならず、中学校卒業以上の生徒を対象とした教育施設、そして修業年限が原則6か月以上の教育施設が対象になります。借りるお金が入学資金の場合、合格発表前に借りられるので、合格後すぐに入学金を納付しなければならないときでも安心です。金利は、平成29年時点では1.76%です。国の教育ローンは固定金利となっており、申込時の金利が完済までずっと続きます。また、申込時金利は金融情勢によって変化しますので、利用する前にしっかりと確認しましょう。

申し込み返済期間は15年以内となっており、返済はいくつかの方法があります。まずは、元金と利息の合計額を毎月同じ額で返済していく方法です。最もシンプルで、返済計画も立てやすい方法となっています。次に、在学中などの一定期間は元金の返済を据え置いて利息のみ返済し、据え置き期間が終わってから元金と利息の合計額を返済していく方法です。在学中は他にもお金が色々とかかり、元金と利息の合計額を返済に充てるのは難しいという家庭におすすめの方法となっています。そして最後に、ボーナス月に増額して返済する方法です。定期的にボーナスが入ることがわかっている場合、ボーナス月に増額して返済すれば返済期間も短くすることができます。ボーナス月の返済額は自分で設定することができ、最大で融資額の半分までボーナス月に返済することができます。

国の教育ローンには、世帯年収の制限があります。融資を受ける保護者の方が不要している子どもの人数によって、その金額は異なります。子ども1人の場合790万円、2人の場合890万円、3人の場合990万円、4人の場合1090万円、5人の場合1190万円となっています。また、子どもの人数が1人か2人のご家庭でも、一定条件を満たせば上限額は990万円となりますので、年収が超えていて借りられないと思っても一度条件を確認してみてください。

国の教育ローンは、各支店窓口のほか、銀行や信用金庫など、最寄りの金融機関でも申し込むことができます。また、インターネットでも申し込むことができるので、忙しくて窓口まで行く時間がないという方は利用してみてください。